2007年02月09日

本は読むより書く方が10倍楽しい |井狩 春男

本は読むより書く方が10倍楽しい本は読むより書く方が10倍楽しい
井狩 春男
新風舎 刊
発売日 2002-10



夢の印税生活がどれほど夢か確認する本 2004-02-11
本を読む人の数は減っているが、本を書きたいという人の数は増えているという。
印税生活を夢見る人の数も指数関数的に増えているのだろう。
まず、文章が短く、テンポがよいので、ついつい読んでしまう。
それよりも強調したいのは、具体的なアドバイスに満ちた本だということだ。
本の世界で長年生活した筆者ならではのノウハウが、読みやすく整理されている。
あまりに具体的なので、自分がほんとうに、かなり書き進めているような錯覚さえもってしまう。
もう、自分の原稿をどうやって売り込んだらいいか、どうやって宣伝したらいいかなんて、先の先のことまで考えている。
ついには、印税まで計算し始めている自分がいて、びっくり。
それどころではない。デビュー後の仕事の配分をどうマネジメントするかと、生活費の計算までやってるぞ!
取らぬ狸のなんとかやらですね。まさに。
いくら、具体的アドバイス満載といっても、読む方がこれだと、この本は、かなりの勘違い者を輩出したのではないでしょうか?
とはいえ、そういった、”いい気分”にさせてくれるのも、この本の良さだ。
誰だって、夢は見たいし、自分の才能をさしおいて、夢が実現しないのは、なんなんだろうなーと本書で研究してしまうモノなのだ。


さらに詳しい情報はコチラ≫


posted by jihi at 16:00 | 自費出版
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。